福岡県で賃貸物件のお部屋探しは情報満載のベストバランス

SUUMO・ホームズよりもベストバランスなら初期費用を安くできます!丁寧なサポートや柔軟な対応でお友達のご紹介やリピーター増加中!初期費用のご相談・交渉等お気軽にお問合せ下さいませ。

ブログ一覧

大型夏マサ ジギングなら遊漁船クルーズしかない!!

こんにちは、ベストバランスの有村です。

梅雨も明けそうな7月14日 、ヒラマサジギング、キャスティング、遊漁船クルーズに乗船し行ってきました。

当日は凪予報で、昼から少し風が吹くとの予報でした。

これからの暑い季節に風が吹くのはありがたいです。

気温も30度を超えております。炎天下の中まずは、いさき釣りからスタートです。

いつもなら、1投目から入れ食いのはずのイサキ釣りに苦戦!!!

赤間船長もポイントを頻繁に変えて流しますが、激渋!!!

朝の8時30分くらいから12時まで粘って3時間半で全員で10匹ちょっとでした。

ただ型が異常に大きく、釣れたらイサキ は40センチ近くあり、結構引きました。

ドラグを緩く設定していない同船者はハリス5号でサビキの枝の根本から飛ばされていました。

12時以降はジギングでヒラマサを狙います。

待ちに待ったヒラマサジギング!!!!

今の季節は大型がジギングにヒットする確率が上がりますので、期待大です。

しかし、、、、、、、、、

べた凪で釣りやすいですが、潮がほとんど動いていない為、ジグをしゃくるとスカスカで期待薄です。

潮見表を見るとちょうど満潮前後で、潮止まり中でした。

潮が動き出してからも、この日のヒラマサは手ごわくて、なかなか口を使ってくれません。

一つのポイントを2流しくらい流してヒットが無ければ 次々に移動を繰り返してポイントを変えていきます。

赤間船長のまじめさと、勉強熱心な姿勢には頭がさがります。

駆け上がりをランガンしていきますが、釣れたのは同船者がかけた2キロ無いヒラゴのみ!!

私はあたりは1回のみありました。

去年もでしたが、こういう渋い日には1発大型が来る事が多いです。

.

ジグはマサムネの95グラムシルバーを使っています。

流しを繰り返していると、底から5しゃくり目でフッと一瞬ジグが軽くなり、

次のしゃくりで  

ドン!!!!

ロッドを立ててファイト開始!

ジゃーーーーーーーーーー !!!!!!

ドラグは7キロに設定していますが、かかった瞬間から走られ止まりません!!

船長から、底で掛けてるから巻いて巻いて!!

と言われ必至に巻きます!

少し巻けたと思ったら、セカンドランを走られ、止まった瞬間  フッ!!と 軽くなりました。

ヒラマサ釣りでは2回目の根ずれ。

いつまでたっても本当にへたくそ!!

大型ヒラマサはかけることも難しいのに、

せっかくかけたのに、不甲斐ない↘

チャンスを生かし切れなかった事をどうしても悔やんでしまいます。

ラインシステムを組みなおしますが、手の震えがおさまらなくてなかなかうまくできません。(涙

去年やられたのはキャスティングをしてて本当に目の前で

ドッバーンン!!

デカい!!!!

ドラグ8キロかけてて、50メートルくらい走られ、何もできず根ずれ。

その時は腰からデッキに崩れ落ちてしまいました。

夏マサはソルティガZ5000Hでは取れない!

6500Hに PE8号でドラグ12キロが最低条件だと思います。

今まで 4,5キロまでのヒラゴの場合はロッドを立てて魚の引きが弱まったら巻いていたのですが、

大物の場合はドラグが出ていない時には常に巻かないと根ずれになってしまう事に初めて気ずきました。

ロッドを90度に立てて少し戻ししながら1巻きでも半分でも巻く、

そしてロッドを90度まで立てた瞬間、即戻しながら巻く、

リフトしたら即下げながら巻くを緊張感を持って行う。

魚も大型ですので、重量感がかなりあり、ためている状態では巻こうとしても巻けるものではありません。

だから、ロッドを立てた後下げながら巻けば少し軽くなり巻けます。

魚が走ってドラグが出ている時には、少しロッドをねかせて待つ。

ロッドを少しねかせる理由は止まった瞬間、無理やりリフトする必要があるからです。

止まった瞬間(0.1秒でも早く)ロッドを無理やりリフトし、戻すと同時に巻く、巻く、巻く!!!

大型になると、一瞬の気の緩みがラインブレイクになる事、魚が引こうが重くて巻けなかろうが、動かなかろうがそんな事大型だから当たり前!!言い訳はどうでもいい!!!

無理やり力ずくでリフトする事が本当に大切!!!

重くて手でロッドをリフトできない場合は腰を前に突き出して上半身を後ろ向きに体重をかけて竿を強引にリフトする。

竿を無理やりリフトして、巻ける距離をつくったら、倒しながら巻く!!倒したらすぐさまリフトする!!!

セカンドランやサードランに備えて10センチでも多く巻かないとやられてしまいます。

大型のヒラマサが走り出したら止めるのは不可能です。

ドラグチェッカーでぎりぎりのドラグ設定にしているので、走っている最中にそれ以上絞めたらラインブレイクのリスクが高くなってしまいます。

ドラグが勢いよく出ているうちは根ずれはしません。

大切なのは、止まった瞬間!!! 

ヒラマサが根に ついたという事なので、ルアーを岩にこすりつけられる前に10センチでもあげれればやられなくなります。

いままで、赤間船長からさんざん止まった瞬間が大切と言われてたので、頭では止まった瞬間に巻こうとはわかっていたつもりですが、甘かったです。

止まった瞬間すぐ巻くというのは大前提ですが、それだけではやられてしまいます。

大型に根ずれされて思った事は、ドラグが勢いよく出ている時以外は、無理にでもリフトして巻き続ける、魚が重くて腕でリフトできなくても、巻かないといけないという事を学びました。

最後にキャスティングで狙い、2回でましたが、残念ながら乗りませんでした。

ダイブベイトは良く出ます。

ダイブもさせやすく、エラーも少ないので使いやすいです。

これからの季節は暑さでばててしまい、ヒラマサをかける前にばててしまいそうです。

PE8号に100グラム前後のルアーを投げてエラーの無いようにアクションさせ続ける には本当に体力がいります。

夏マサの引きは半端じゃなく強烈なので、こんなんじゃ、かかっても去年のようにバテて、握力も無くなりやられてしまうのが目に見えています。

体力をつける事をまずはしなくてはと、心からおもいました。

今年こそは20キロを真剣にとりたいです。

釣りブログもあります↓


福岡市ランキング

更新日時 : 2017年07月15日 | この記事へのリンク : 

<<サン博多駅南も仲介手数料0円 動画あり!賃貸マンションレビュー     |  ブログ トップへ  |  リオコスモ唐人 仲介手数料無料!>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2018年11月        >>
        123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近見た物件 (0)