福岡県で賃貸物件のお部屋探しは情報満載のベストバランス

SUUMO・ホームズよりもベストバランスなら初期費用を安くできます!丁寧なサポートや柔軟な対応でお友達のご紹介やリピーター増加中!初期費用のご相談・交渉等お気軽にお問合せ下さいませ。

ブログ一覧

新築マンション取得時にかかる諸費用




これからの事業は自分の心に聞き、心の声に従っていきたい

心がやりたいこと、わくわくすることをしていきたいと強く思います



それは何かと聞くと、自分が住みたいと思える場所に自分が住みたくなる住宅を建築し、それを賃貸していくこと

儲けだけで選択しないで作りたい、提供する事がしたい

いいものを作るには利回りが下がってしまうので、頭金をたくさん入れていると尊敬している方が言われていました



ただ、恥ずかしいですがどうしてよいのか全くわからないのが今の自分です

金融機関の融資付けも建設業者の事も、設計会社のこともです

駄目すぎてなんだか落ち込みます

わかる事というと家賃相場や入居者募集、物件の管理、内装仕上げの仕方などだけです



これから勉強しながら頭金をこつこつ貯めていきます、貯めるのには2年から3年近くかかりそうです


まずは勉強したことを忘れないようにこのような感じで残していきたいと思います


間違いがあれば教えてください。






|総額3億1000万円の新築RC建築時にかかる諸費用




土地4000万円で取得
固定資産税評価額2520万円と計算


建物2億7千万円で建築
固定資産税評価額1億6200万円と計算



事業金額:3億1000万円

金融機関借入:2億8千万円

借入期間:35年

金利:2.5%

自己資金:3394万8000円


1戸当たり40屐65屐1LDKから2LDKの間取りプラン





諸費用合計394万8000円

土地価格4000万円

建物価格2億7000万円

合計3億1394万8000円






|土地建物以外の諸費用内訳


‥佻震筏税

土地:50万4000円
建物:64万8000円
抵当権設定登録免許税:108万円

合計223万2000円




司法書士報酬


20万円前後



印紙税


売買契約印紙税1万円
金融機関金消契約6万円
建築請負契約6万円
合計13万円



不動産取得税


特例適用で0円


土地取得にかかる仲介手数料


138万6000円


諸費用総額394万8000円





| 土地の固定資産税評価額とはいくらか


土地の価格は5つの価格がある



仝示価格(国が公表)

1月1日の評価が3月中旬頃に発表される
土地取引や金融機関の担保の評価指標
公共事業の用地買収の際この価格を基準にした価格




基準地価(都道府県が公表)

公示価格とほぼ同じ
7月1日の評価が9月20日頃に発表される
公示価格と基準値価格2つを見る事で半年毎の評価の動向を見ることができる





A蠡垣馬線価(国税庁が公表)

毎年1月1日の評価が7月頃に発表される
相続税や贈与税の計算の基となる価格
公示価格の8割程度の価格





じ把蟷饂裟派床然曄併堋村が公表)

3年に1度の評価替え(間が長い)
固定資産税の計算の基となる価格
公示価格の7割程度の価格
固定資産税路線価とも言う





ゼ太価格
個別の取引によって異なる
おおよそ公示価格の1.1倍程度目安
固定資産税評価額×0.7がおおよその実勢価格
あくまで目安





|建物の固定資産税評価額

建物の固定資産税評価額の目安は新築時の請負工事金額のおよそ50〜60%が目安






‥佻震筏税



|土地所有権移転登記、建物所有権保存登記


土地所有権移転登記:固定資産税評価額×2%
建物:固定資産税評価額×0.4%



土地の固定資産税評価額は4000万円×0.9で公示価格、
公示価格×0.7で固定資産税評価額で2520万円
2520万円×2%=50万4千円


建物の固定資産税評価額は建築金額2億7千万円の60%の1億6200万円
1億6200万円×0.4%=64万8000円


土地建物合計登録免許税額
115万2000円



抵当権設定額額×0.4%
抵当権2億7千万円の場合108万円



司法書士報酬
土地所有権移転登記・土地建物所有権保存登記・抵当権設定登記 20万円前後





印紙税

金融機関との金消契約に貼り付け
不動産売買契約書に貼り付け
※どちらも同じ税額



土地の売買契約書印紙税

1000万円〜5000万円:1万円
5000万円〜1億円:3万円
1億円〜5億円:6万円

土地4000万円の売買契約印紙税1万円
金融機関金消契約印紙税6万円





建設工事請負契約書の印紙税

1千万円〜5千万円:1万円
5千万円〜1億円:3万円
1億以上5億以内:6万円

2億7千万円の建築請負契約の印紙税6万円



印紙税総合計13万円







I堝飴瑳萋誓



納税の時期は取得後半年〜1年後となることが一般的


土地:固定資産税評価額×1/2×3%
建物:固定資産税評価額×3%


固定資産税は購入後半年〜1年後に納税する


1戸あたり専有面積+共用部分の持ち分面積の合計が40岼幣240嵬にの住宅の場合で、住宅の課税標準から1200万円が控除されます

つまりマンション1戸あたり40岼幣紊寮賤面積で建設すると土地建物の不動産取得税が実質0円になる


土地:建物の不動産取得税が0円の場合ほぼ0円となる

土地取得から3年以内に建物を建築することが条件

還付は5年以内に行うことが条件





土地を建物より先に取得するので、1度土地の固定資産税を支払って、建物建築後に還付請求し返金される

ただし、土地取得時に建物建設申請を行った場合徴収猶予される




づ效呂涼膕霄蠖料

土地金額×3%+6万円×消費税
4000万円の場合138万6000円




株式会社BEST BALANCE
福岡市博多区博多駅東1-16-8 ITビル4階
電話092-477-8392



更新日時 : 2021年03月18日 | この記事へのリンク : 

<<不動産売却査定方法 福岡で売却は仲介手数料無料のベストバランス     |  ブログ トップへ  |  入居時の消毒代が5万円、害虫駆除も5万円 !!>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2021年04月        >>
        123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近見た物件 (0)